読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そらのいろいろ

日々のこと。感じたこと。

娘ふたりと、のんびり楽しく暮らしています。お家をスッキリ片付けたいと思っています。

医療費の助成を知らなかったため

日々のこと

私が住んでいる所は、母子家庭(父子家庭)のための医療費の助成があります。ということを知ったのが、実はつい先日のことでした。

 

今までは、子供は中学生までの医療費の助成があり、無料でした。長女が高校生になった今年から、長女も医療費が私と同じように負担となりました。

それが当然だと思っていて、病院にかかっていたのです。

 

長女はアレルギーや皮膚科などによく通院するため、医療費が結構かかることを気にしていました。たまたまそのことを友人と話していたところ、同じ母子家庭の友人は医療費の助成を受けているとのこと。

 

それを聞いて、すぐに区に問い合わせしてみました。すると、母子家庭のための助成があり、わが家も該当するとのことで申請に行ったのです。申請したところ、長女と私の医療費が無料ではないけれど、負担額が変わることになりました。(もちろん収入などの諸々の事情があり、我が家は昨年から該当になっていたようです)

 

そして、ここからが問題なのですが、こういった案内もなかったし、今までの(該当する時期の)医療費をさかのぼって還付されることもないというのです。

 

わたしも今年に入り、かなり病院にかかっているので、結構な金額になっていたので、還付されずがっかりです。助成があることを知らずにいたら、この先家計がさらに苦しくなるところです。

 

助成があることはとても助かるのですが、やっぱりきちんと案内して欲しかったです。これからはずっと病院に通院しなくてはならないので、お金のことも実は憂鬱だったのです。

 

でも教えてくれたお友達と長女に感謝です。そしてやっぱり助成があることでずいぶん助かります。